パンケーキの夢を追い続けるパンケーキママと、voivoiファミリーの記録


by pancakemama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

○パンケーキブームがやってきた?!
c0159301_2124581.jpg
voivoiをオープンしてから、2ヶ月目。
何気なく、インターネットを開いて、びっくり!
gooというポータルサイトの「キーワード検索ランキング」で、ウチの「パンケーキママカフェ」が1位になっているではないですか!これはいったい何ごと?
どうやら、ネット上でウチの店が紹介されたらしいのです。

ほどなくして、「王様のブランチ」という人気TV番組から、取材の申し込みがありました。
番組で放映されたのは、うちの店とほかのパンケーキ専門店2店ですが、その週末は、店の前に行列ができる騒ぎに。。
さぁ、スタッフも私もてんてこ舞い。TVの影響って、本当にすごい!!

そして、そのあとも、雑誌や新聞、専門誌などなど、あらゆるメディアの取材申し込みがどんどんやってきます。
これは、ついにパンケーキブームの到来?!

「パンケーキなんてだめだよ」と言われ続け、それでも「私が好きだから」という一心で始めたパンケーキカフェ。
「きっときっと、ほかにも好きな人、興味のある人はいるはず!」と信じていたことが、いま大きく世の中に広がろうとしていました。

もちろん、それは私だけでなく、すでに「パンケーキデイズ」や「チャプチーノ」、横浜の「モトヤパンケーキリストランテ」など、実力派のパンケーキ専門店が、次々とオープンし、パンケーキ人気を盛り上げていたことが、起爆剤になったのでしょう。
そう、私は、そこにタイミングよく、ぴょんと便乗させていただいたのです(笑)。

c0159301_2143180.jpgまた、折りしも、私を含む新興のパンケーキ専門店のコンセプトは、「食事になるパンケーキ」「大人が食べるパンケーキ」でした。そこが、新しもの好きのマスコミ心をくすぐったのかもしれません。

甘いスイーツ系のパンケーキより、ワインやビールと合う、「新トレンド・食事系パンケーキ」が、いろんなメディアに取り上げられるようになりました。

うちの「チーズフォンデュ・パンケーキ」も、よくワインとツーショットで、写真に納まっていたものです(もちろん、そういうお客さんって、けっこういるんですよ)。

○メディアは麻薬?

でも、こうした現象は、一方で不安にもなりました。
「パンケーキを日常の食べ物に!」が私の願いでした。だから、多くの人にパンケーキを食べてもらえる機会が増えたことは、とても嬉しい。

でも半面、ブームになることの怖さも感じました。なぜなら、バブルと同じで、ブームは必ずはじけて終焉を迎えるからです。
「パンケーキを一時のブームにしたくない」
「末永く、みんなに愛される食べ物であってほしい」
あぁ、これは、ジレンマです。

また過剰にメディアに露出することの怖さ、も感じました。
今までとは違った、色々なお客さんがやって来ます。
パンケーキは、注文が入ってから、粉を溶き、一枚一枚丁寧にグリドルで焼きます。最初のころは、慣れない手際の悪さも手伝って、お客さんを随分お待たせしました。
中には怒って帰ってしまうお客さんや、「サービスが行き届いていない」と指摘されたこともあります。そんなときは、さすがに落ち込んみました。

そして、何より辛いのは、、お客さん一人ひとりの顔を、ちゃんと見れなくなってしまったこと。
いつもカウンターの影から、食べているお客さんの姿をこっそりとのぞいて、「うん、美味しそうに、幸せそうに食べてくれているな」と、幸せな気持ちになってる私。

それが、気がつけば、顔を上げる暇もなく、パンケーキを焼いている。
「うーん、これが私の求めていた、理想とするお店の姿だろうか?」と自問する日々。

c0159301_2263666.jpgまた「メディアに出る=お客さんが増える」という効果は、お店にとっては、麻薬です。
この麻薬の味をしめてしまったらキケン。自力で頑張っているつもりでも、知らず知らずのうちにメディアに依存してしまっているのです。
「取材が来なくなったらどうしよう」と、それはそれで不安になったり。。

よく「取材はお断り」というお店ありますよね。その気持ち、よく分かります。かといって、きっぱり「お断りします」という勇気もない私(笑)。

さすがに、もう、TVの取材はお断りするようにしましたが(もともとTV向きのキャラではないので)、お店のHPやBlogでも、「○○の雑誌に載りました!」という告知は、一切しないようにしています。
だってね。あくまで、ひっそりこっそり、営業していたい(笑)。
「そういえば、載っていたね」ぐらいで、ちょうどいいんです。

それでも、現在まで、ありがたいことに、まだ取材のご依頼をいただきます。先日、これまでに掲載された雑誌や本、新聞の数を数えてみました。その数ざっと50余り!

うーん、なんだかんだ言いながらも、やっぱりメディアに支えられてきたんですねぇ。恵まれたスタートを切れたことに、感謝せずにはいられません。
(つづく)

※この記事は、「カフェ&レストラン 5月号」(2008年)に掲載させていただいたものです。
[PR]
by pancakemama2 | 2008-05-05 01:57 | voivoiができるまで(連載)