パンケーキの夢を追い続けるパンケーキママと、voivoiファミリーの記録


by pancakemama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

私のカフェができるまで Vol.9

c0159301_1993471.jpg店のオープン2ヶ月前。三軒茶屋の物件は正式に契約し、内装業者も入り始めました。

いよいよ夢が現実になるわけですが、そこで直面する現実とは、まさに「お金」。つまり資金繰りです。

お店の物件は、駅から2分と好立地。理想に近かったのですが、ひとつ計画と違っていたのは、以前は事務所として使われていて、中身がスケルトンだったこと。

厨房に引くための水道やガス、空調などの基礎工事と、内装工事だけで見積もりは750万円にも上りました。これにさらに、物件取得費の300万円、厨房機器200万円、椅子やテーブルなどの家具、食器等の備品などなど、ざっと計算しただけでも、その額は1300万円を超えています。

でも、手持ちの資金は800万円たらず。どうする?
もともと走り出したら止まらない性格です。物件が決まって、舞い上がってます(笑)。
足りない分は、国民金融公庫に借りることにしました。

でも当然ながら、審査があって、審査にパスしないと融資は受けられない。
しかも、国民金融公庫というのは、「物件が決まってから」、融資の申し込みをします。つまり、もう物件の契約もして、お金も払って、「もう進むしかない!」という状況なのに、まだ審査段階で、融資が受けられるかどうか分からないのです。

さぁ、たいへん。3年分の事業計画書をびっしり書いて、オリジナルのパンケーキミックスを開発したこと、ブログで、たくさんの人の共感をいただいていること、1日カフェは大盛況だったことなどの実績も添えて、書類を提出して2週間。

その間にも、内装工事は着々と進んでいます。当然、数百万円の支払いが待っています。万一、融資が受けられなかったら、どこで借金したらいいんでしょう? 個人ローン? それとも、すべてがご破算になる?! 考えれば考えるほど、怖くなって、これはもう、生きた心地がしません。

やっと融資の連絡が来たときは、ほっと胸をなでおろしましたが、このときの眠れない体験は、「もうオープンできるなら、どんな苦労もいとわない」という決死の覚悟になりました。

   ******************

そして、オープン1ヶ月前。厨房機器が揃ったところで、いよいよメニュー開発です。

実は、「パンケーキ屋なんて、儲からないから止めたほうがいい」という多くの方のアドバイスは、あながち間違っていません。実際、あちこちのパンケーキ店に行ってみましたが、昼間は込んでいても、夕方4時以降はガラガラ。お客さんの姿が見当たりません。

パンケーキって、軽食、もしくはおやつ程度にしか考えられていないんですね。ニーズはとっても狭いので、このままでは確かに、経営はとても成り立たない。

c0159301_19244360.jpgでも、私の考えるパンケーキは、バターとメープルのシンプルなものも好きだけど、普通のパンのように、色々な具をトッピングして、食事にもなるもの。

さらにワインやビールのつまみにもなるような、大人のパンケーキ。24時間、いつでもパンケーキを食べたいと思うような、自由で応用の広いパンケーキ。

そば粉のガレットが、デザートから食事まで幅広いアレンジで人気を博しているように、パンケーキにも、その可能性があるはず。
だから、私の作るパンケーキの生地は、どんなトッピングにも合うように甘さ控えめにしました。

そして、メニュー開発で、最初に取り組んだのは、ボリュームのある「食事系パンケーキ」です。それも、ソーセージやオムレツを添えるという簡単なものではなく、パンケーキと具が一体化するような、立派なワンプレート。

でも、これが形になるまでは、やはり試行錯誤の連続です。
オープンまで、あと2週間。まだ、メニューはできていませんでした・・。
(つづく)

※この記事は、「カフェ&レストラン 1月号」(2008年)に掲載させていただいたものです。

★先端を行く、大人のパンケーキ★

オープンに向けて、物件探しをしているとき、私の「パンケーキカフェ」のブログに一通のメールが届きました。

「それは、ワインに合う大人のパンケーキ専門店をオープンします」という、オーナーさんから直々のお知らせ。そのプレオープンにご招待いただいたのです。この店というのが、その後、マスコミで話題になった、代々木上原の「チャプチーノ」さん。

当日お会いしたオーナーの福田さんは、本職はディーラーという青年実業家。いやいや格好良い!。でもそんな福田さんとも、パンケーキ好きで意気投合しました。

c0159301_19141998.jpgそして、いただいたそば粉のパンケーキは、サーモンとチーズや、海老とアボカドといった、イタリアン仕立てのアレンジで、まさに大人の味!ワインを3杯もお替りしたのは、いうまでもありません。(笑)。

福田さんは、私が店をオープンしたときも、お祝いに駆けつけて下さいました。

ムーミンママの格言に、こんなセリフがあるのをご存知ですか?
「パンケーキが好きな人に、悪い人なんていないわ!」。
パンケーキ万歳!
[PR]
by pancakemama2 | 2007-10-01 18:41 | voivoiができるまで(連載)