パンケーキの夢を追い続けるパンケーキママと、voivoiファミリーの記録


by pancakemama2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

私のカフェができるまで Vol.17

〇「おばぁちゃんも、ウェルカム!」

「voivoiは、どんなお客様が多いのですか?」
取材などで、よく受ける質問です。

c0159301_13134367.jpgパンケーキというと、当然若い女性が多いのですが、オープンして分かったことは、意外に、年配の方にも人気だということ。
それも、お年寄りの受けがいいのです。

ある日は、87歳というおばぁちゃんが、娘さん(もおばぁちゃん)と一緒にやってきました。
そして「チーズフォンデュ・パンケーキ」を注文されたのです。
「大丈夫かしら。食べられるのかしら」と心配していると、「お箸を下さい」というリクエスト(笑)。

「はい、はい!」とお持ちすると、お箸を上手に使って、パンケーキを切り分け、パクパク召し上がり、なんと完食されました! 
キッチンでは、密かに拍手喝采!

三軒茶屋という場所がら、下町なので、お年寄りも多いのですが、店の前を通りかかるおばぁちゃんたちも、興味津々で店を覗き込んでいきます。

「おばぁちゃん、どうぞ、ウェルカム!」
おじいちゃんより、おばぁちゃんが多いのは、やはりいくつになっても、女性は、食へのあくなき探究心が強いのでしょうか(笑)。

でも、考えてみれば、「パンケーキ」は、年配の方から見れば、「ホットケーキ」のようなもの。けっして馴染みがないわけではありません。
しかも、とっても柔らかいので、歯の弱いお年寄りにも、楽に食べられます。

気に入っていただいたおばぁちゃんが、「今度は、孫を連れて来るわね」と言って、お孫さんとツーショットで来ることもあります。

また、「うちのおばぁちゃんは、ホットケーキが好きだから」と言って、親子3代の大家族で、ご来店される方もいます。

パンケーキって、なんて素敵な食べ物なんでしょう!

まだまだパンケーキは、認知され始めたところですが、もしかしたら、地方に行っても、ちゃんとお年寄りのニーズを確保できるかもしれません。

ただ「量が多くて、食べきれないわ」という声もしばしば。「キッズ・パンケーキ」ならぬ、「シルバー・パンケーキはないの?」というリクエストの声もあり。
うーん、これは、ちょっと難しい。検討課題です。


〇子供たちの未来にも、パンケーキを

さて、そんなお年寄りにも愛されるパンケーキですが、もちろん、お子様にも大人気! 
店の前で、「パンケーキ食べた~い!!」と叫んでいる子供の手を引いて、ドアから引き剥がそうとするご父兄もしばしば(笑)。
c0159301_13114633.jpg
voivoiでは、そうしたお子様に食べてもらおうと、オープン当初から、キッズメニューを用意しています。ミニパンケーキに、アイスクリーム、フルーツ、ジュースが付いた、とってもお得なセット。

パンケーキには、粉糖で、パンケーキママの顔が描いてあるので、席に運ぶと、「わ~可愛い!」とお子様も、お母さんも大喜びしてくれます。

ただ、「お子様ウェルカム!」の店には、いろんなリスクもあります。
ジュースや食べ物をこぼされたり、備品が壊されることは日常茶飯事。お母さんの元を離れて、店内を歩きまわる子供たちは、こちらも目が離せません。

また、voivoiでは、ベビーカーもOKなので、赤ちゃんの泣き声が始まると、小さな店内は騒然。他のお客様のことも気になります。

最近のカフェの中には、「12歳以下のお子様は、お断り」としているところも増えています。
それって、私もよく分かります。

店側の理由もありますが、お客様の中には、「せっかくカフェで、ゆっくりお茶をしようと思っているのに、子供が気になって落ち着かない」という方もいらっしゃるでしょう。
voivoiでも、お子様の隣は避けたいというお客様もいます。

でも、私は願うのです。
週末、小さな子供たちが、パパやママに連れられて、嬉しそうにパンケーキをほおばっている家族の光景は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。

voivoiでパンケーキを食べた子供たちが、将来大人になったとき、楽しかった子供のころの家族の思い出のひとつに、voivoiのパンケーキがなってほしい。

子供たちが、大人になったころ、voivoiはあるかどうか分からないけど、大人になって、どこかでパンケーキを食べた時、その幸せな記憶が蘇ってほしい。
そう、パンケーキは、人を幸せにする食べ物、だから。子供たちの未来にも、幸せなパンケーキがありますように!

「子供からお年寄りまでに愛されるパンケーキ!」
この20席足らずの小さな店で、この幅広い客層を受け入れようとするのは、欲張りな願いかもしれません。

でも、パンケーキを通じて、見知らぬお隣さんとも、世代を超えて、幸せを共有できれば・・・、こんな嬉しいことはありません。
(つづく)

※この記事は、「カフェ&レストラン 11月号」(2008年)に掲載させていただいたものです。
[PR]
by pancakemama2 | 2008-11-03 13:08 | voivoiができるまで(連載)